3 June 2017

Little Tern Art Project

I visited Morigasaki, the rooftop Little Tern colony in Tokyo, to join an art project, which is a collaboration between the Little Tern Project and the Japan Wildlife Art Society. 
Around twenty artists participated in the project and today, we sketched and memorised the impression of the Little Terns at this incredible man-made colony ground on a sewage factory building in the hurt of urban Tokyo.  We will create some artworks based on today's experience and plan to exhibit the artworks in the autumn.  I was very happy to join this precious occasion in Japan!



リトルターン・プロジェクトと日本ワイルドライフアート協会有志によって、リトルターン・アート・プロジェクト(LTAP)というのが始まっている。森ヶ崎水再生センターの屋上で繁殖するコアジサシのコロニーを取材し、それをベースに作品を作り展示をしようという企画だ。同じテーマで、他のアーティストがどんな作品を作るのか、秋が楽しみだ。



Shadow of the bill cast on its breast.



スケッチでもしない限りあまりよく観察しないであろう、抱卵中の後ろ姿。コアジサシの短いオレンジ色の足が、かなり左右に開いて見えていた。間に卵があるんだなあ。



今日、なんとなく気に入って、長い間観察していた2巣。手前の巣の片親にフラッグが付けられていることに気がついた。スタッフにお聞きすると去年付けられたものだというので、今年も同じ営巣地に戻って来てくれた個体というわけだ。
興味深かったのは、カラスなどの侵入者が入って来た瞬間。奥の巣の親は、必ず毎回飛び立ち、集団防衛に加わるのに、手前の親は面倒くさいのか、しばらくの間、上空を気にして姿勢を低くするだけだった。
コロニー全体にとっては、集団防衛に加わる個体がいるほうが利益が大きいと思うが、個体にとってはサボったほうが得に違いない。



Chicks were already born and running about in the colony.  It was hard to capture them as they tended to hind in shelters to avoid attacks by crows and peregrines and other mummies and daddies.  Some adults sometimes poke other tern's chicks quite aggressively!    





Thinking about the Little Tern being a white bird, I brought coloured paper this time.  I wanted to try drawing with white, thinking about the light and the shadow.  Field is the best place for observation & experiment. (and how long it seems since the day I did that module on my MA course!)   



Well, I obviously needed more practice on this subject and how to use pastel.  But it was a good way of looking at this rather a monotone bird.  



企画してくださった大田黒さん、全面的に取材をサポートしてくださったリトルターン・プロジェクトのスタッフのみなさま、本日はどうもありがとうございました。

2 comments:

  1. いつもいつもありがとうございます。今回もLTAPご参加ということで大変うれしく思っております。
    暑い中でのスケッチお疲れ様でした。手早く仕上げられていくスケッチの数々に感動しました。どんな作品に仕上がるのか楽しみにしています。お忙しい中ご取材いただき誠にありがとうございました。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 髭面さま、
      コメントありがとうございます。みなさんの作品が集まる展示会、わたしもいまから楽しみしています。
      まずは自分の作品の心配しろ、ですが(笑)

      Delete