28 July 2020

イヤイヤ期

It seems that my little one entered the terrible two stage.
Everything has to be done in her pace as she likes otherwise she just says no! no! no!




6月半ばくらいから、チビが突然、すごい癇癪を起こすようになった。疲れていたり、お腹がすいていたりするときに、何かちょっと気に入らないこと—髪ゴムを自分でとりたかったのに、わたしがとってしまったとか— があると、怒って泣いて、1時間くらい転げているのだ。どうやら恐怖のイヤイヤ期突入らしい。



She throughs such a big tantrum and when it starts nothing can calm her down.  So every time it starts, we had to shut all the windows, put the air conditioner and wait quietly just watching and being beside her.
I tried to be very careful not to bring her to that stage, which was very tiring.  I was pretty stressed thinking how long does this stage last?

But after a fortnight or so, she's gradually getting over that huge tantrum stage. Thanks goodness! 



Peeling the corn with her great grandma.  
従姉妹家からのお裾分けでもらったトウモロコシの皮をひいばあとむく。 蒸して食べたら甘いこと甘いこと。でもチビは食べづらいらしくあまり好きではなかったよう。 わたしはチビが食べないなら全部食べちゃうぞーっと密かに思っていたのだが、ひいばあとしては、チビが食べないのは嫌だったらしく、玉ねぎと炒めてブレンダーをかけておいしいスープにしてくれた。チビ、大喜びでおかわり。



母とわたしの仕事が一段落ついた打ち上げも兼ねて、7月4日に七夕ごはん。
A small party at home with my family.  My husband decorated the Somen noodle dish with star shaped cucumbers and so on but the little one dug in to it straight away. Well, that's one-year-old kid for you!



Little one in the turquoise blue dress made by my dearest friend.
いきなり爆発して1時間も泣くステージは、ありがたいことに、どうやら2、3週間くらいで乗り越えたようだ。子どもは本当にどんどん大きくなる。こちらが解決策を模索しているうちに子どものほうが成長するような気もする。

でも何か聞いて返ってくる答えの8割が「ヤヤ」で、何でも自分のペースでやりたいのは相変わらず。朝起きたら、寝室の扉を自分で開けたいので、わたしがどんなにトイレに行きたくても、説得して開けてもらわないといけない。車に乗るには駐車場でアスファルトのカケラを拾ってからが良いので、一緒に良いものを見つけてあげなくてはだめ。階段は自分で登りたいので、わたしが抱っこしたまま登ってしまったら、下まで降りてやり直し。こういうのにずっと付き合うと本当に嫌になる。

週に2日、一時保育に預ける日は、たとえ仕事で忙しくても、何時間も自分のペースで動けるので羽を伸ばした気分になれる。好きな時にコーヒーが飲めるとか、植木に水をやるのがたった2分間で終わるとか、そんな事ですらうれしい。
丸一日子どもと二人だけということはまずないわたしですら疲れると感じるのだから、一人で子育てしている人の負担を考えると本当に恐ろしい。



一歳違いのはとこに会った。大きな子で、なんと身長も体重もほぼ同じくらい! でもほぼ1歳とほぼ2歳の違いは大きいなあ。

26 July 2020

久しぶりの鳥見

The combination of the Cornavirus situation and the rain season and having the little one, doesn't make it any easier to go birdwatching, let alone sketching in the field. But during this special long weekend supposedly for the Olympic, we visited Tokyo Port Wild Bird Park for a few hours and I managed to sketch some birds with a telescope. I made only those three acceptable sketches but it felt like such an achievement.  



Little Grebe Family.  
少し前まで、赤ちゃんがいるといっても、とりあえずチビを着替えさせて、抱き上げて車に乗せ、目的地についたらベビーカーか抱っこひもに乗せ、ご飯の時間だけ気にしていれば、それなりに鳥を見に行くことができた。鳥が出たら、チビを夫に預けておけば、絵も描けた。
でも今は、こちらが無理矢理何かをやらせようと思うと大抵何一つうまくいかない。着替えさせて、玄関から出る気にさせるまでも一苦労。目的地についたら、自分で歩きたいけれど、こっちの石ころ、そっちの猫じゃらし、あっちのシロツメクサに寄り道をして、鳥がいそうなところに辿り着いた頃には、「だー(抱っこ)」。それもパパではダメ!
スケッチどころか、わたしは双眼鏡ですら見られないという状況に。

久しぶりに東京港野鳥公園に出かけ、鳥の看板や干潟ウォークのカニで夫がうまくチビと遊んでくれている間に、ちょっとだけ望遠鏡でスケッチができた。



The autumn migration is starting and we spotted some Grey-tailed Tattlers.  



コロナ禍に梅雨に蚊のいる季節という組み合わせは、行けるところの制限が多くて悩ましい。東京港野鳥公園のセンター内も飲食禁止になったので、外でピクニックランチをしたけれど、食べ終わるか終わらないかというという時に、すごい雨が降ってきた。それでも逃げ込める施設が開いているのはありがたかった。

15 July 2020

発泡樹脂板を試す

Now I finished two of the illustration works, I went back to my bird story projects that I've been working on for some years.  
When the story board is almost set, the next thing I do is to find the media to illustrate it.  I do not like to decide on a certain technique or media as my style to tackle all kinds of stories. Because I think each story has its own taste that matches a certain technique.



カラスウリ
This type of gourd flowers at night. 
When I tried carving a new material made of plastic, I realised that the block is very good to draw thin lines in white.  So I had to print this magical flower with it.  
新しい絵本を作るとき、そのお話で見せたい部分や色、描くのに必要な色の数などで、絵の技法を考える。版画の版をいろいろ試しているうちに、カラーKボードやSP板などという、学校教材に使うらしい、発泡樹脂でできた画材を見つけた。
本の絵は、結局はそれでないもので作ることに決めたのだが、この板は細い線を彫刻等を使わずにニードルで引っ掻くだけで彫れることがわかり、どうしてもカラスウリの花を描いてみたくなった。



これも同じ発泡樹脂の板を試す過程で作ったもの。髪の毛のように、大きな色の塊の中に、細い線を彫って絵を描く部分はうまくいくけれど、顔のように細い線を残す部分を作るのが難しい版だった。



I am also doing some field research on another project.  I was looking at plants in ponds and in one of them, I found this ducklings.  
チビ連れで出かけてフィールドスケッチするのがとても難しくなってきた。
夫と遊んでくれている数分間にちょっとだけ描いたカルガモ。カルガモの成鳥のお腹ってこんなにオレンジ色だっけと思うような個体だった。多少、何か混じっているんだろうか。



少し前にマンションにいたキマダラコウモリガ。

29 June 2020

Mother

Recently, I've been thinking about what "mother" is.

My little one developed her own will and these days she almost always insists that mummy has to change her nappy or unclothe her or pour milk for her.   When her daddy or her grandma try to do such things, she throws a tantrum.  Until now, everyone did those things, quite often more than me.  She didn't mind.
When and how does she get so attached to mummy?  
What's so good about mummy?  



Also, some time ago, I received sad news that my friend's mum had passed away. 
I would often call on to her place and have a little chat with her mum at the front door until my friend came out.  There were occasions when I stayed at their place and when I joined her family visiting a museum.  So her mum was one of the most well-acquainted friend's mums to me.  And she was indeed a real motherly mother.   
And her mum was the first person to pass away, who I knew as a "mother" as a role.   
So it was quite shocking news to me.  
I was blindly feeling that "mother" will be there all the time and I can talk to her and ask her whatever if I need to.

And all those things made me feel nervous. 

Regardless of how good a mother I am, my little one thinks that I am her mummy and she should be feeling that I will be there all the time and she can ask whatever when she needs to.   

16 June 2020

息抜きスケッチ

大きな仕事の嵐が終わりに近づいてきて、返信待ちの案件が増えてきたので、次の仕事に入る前に、ちょっと息抜きで好きな絵を描く。

そんなに描き続けたあとに、まだ何か描きたいわけ?と聞かれたけれど、
 やっぱり描くのは好きなんだなあ。だって描きたかったものがいっぱいあるし、何か見れば描いてみたいと思うし、好きなように描ける分にはやっぱり楽しい。



ふと見たら、覚えたての「いなー(いいなー)」と自分で言いながら箱の中に入っていた4月の頃のチビ。
I finally made something that I've wanted since April.  She is in a box, which rubber stamp blocks came in.  So I made her image with that rubber stamp. 



Harvest from our friend's house.
Painted and drew on top. It's nice to draw something that I don't need to care about the details. It frees me up.

大量に生っちゃったから持って行ってと言われ、友人宅で収穫してきた夏みかんと梅。料理担当の夫がきっと何とかしてくれるつもりなのだろうけど、どうするんだろうっていうくらいある。



Spotted bellflower.   
1月に置いてきてしまったのにずっと取りに行き損ねていた雨傘を受け取りに、久しぶりに横浜自然観察の森に行った。
チビは園内をほぼ自分で歩くと言い張り、急な階段もなんのその。ホタルブクロを見つけると「ホター」と教えてくれる。
ゆっくり歩いていたせいか、一瞬だったけど道路を横切るイタチを見た! 明るい茶色で、しっぽが長く体が細くて、タイワンリスかそれより小さいくらいのサイズと言ったら、イタチのほかにあり得ない気がする。レンジャーによれば、自動カメラに写ることはあるけれど、実際に見たという人は少ないらしい。



仕事に出かけた夫が、2分で家に戻ってきた。
何忘れたのー?と聞いたら、キマダラミヤマカミキリを手に持っていた。
こんなの見たのは初めて。



My little one making a phone call with my alarm clock. 
遠い親戚からお下がりでいただいたかわいい服を着せたら、夫が「こんな子知らないよ」って言うくらいおねーさんにみえる。 スマホを持っているのは、うちでは夫だけなのに、ちゃんとまねっこ。うん、うん、という口調まで。



These days, she just wants to do whatever adults do.  So it's getting even harder to sketch her. 
I tried to draw her on the ground while letting her sit on the panda. At least I get practice...and look, now she is already doing what I was doing!

31 May 2020

Where did May go?

May had passed while I did nothing but work.  Corona or not, I haven't been out for months and sitting at my desk all day long except the time feeding my little one, bathing her and putting her to bed. 
忙しすぎて大変です、とメールをすると、売れていていいですねえと言ってくださる方が多いのだが、作業時間が果てしないだけだったりする。夫がショーン・タンの『セミ』の言葉をもじって、「17年間時給300円」と揶揄ってくるのでちょっと計算してみたら、全く反論できないくらい、本当にその程度だった。
成果品としての物の値段には相場があって、そこが固定されているので、時給をあげようと思ったら、どれだけ手早く描くかにかかってくる。やっぱりさらりと描ける技法でなくては生きてはいけないんだなあ。
あんなイラストレーターやこんな絵本作家の時給が実際のところどのくらいなのか、密かに気になっている。



知人が教えてくれたアカボシゴマダラの蛹。とても魅力的な色形だけれど、外来種なので素直に喜べない。調べていて、春型の蝶にはぜんぜん赤い斑がない事を知った。



ステイホームの天体観測。
My husband has been looking for good ways to enjoy nature while staying home. There has been several things that he brought home and found from home that I would have loved to draw if time permitted. This is only one I did.   
In the evening of the 24th May, the very thin moon, Venus and Mercury were so close to each other. And the Venus was in crescent shape.



At least, I managed to submit one set of illustration work that I had been working for months.  Here is the sneak view of it before applying the final layers.   


Must continue working on the next project now.  

6 May 2020

Drawing a creature

The first week of May is holidays called Golden Week in Japan. It is the best season to enjoy nature and I normally travel to sketch birds and plants in the field.  But this year, of course, because of the Corona Virus, it was not possible.
But I am very lucky to have this interesting creature to observe and sketch all the time. 




4月に入って、ずいぶん距離を歩けるようになったと感じた。バイクや車が来るなど不安になることがなければ、1キロくらい歩けるのではないだろうか。両側に大人がいれば、道路もずいぶん歩く。石を拾ってズボンのポケットに詰めたりもするようになった。



I can not believe that this moment had come when my own child carries this Narcissus Flycatcher rucksack and walks around. My mum and I made it probably in 2010 and this is the prototype. It's not easy to make one so we are not producing them anymore for now though.



靴が2足あるので、出かける度に赤にする?青にする?と聞いて選ばせている。最初はずっと青を選んでいたのに、ここひと月以上、必ず赤に。たまにはと思って、青を履かせようと思うとやけに怒る。
つい、実家から『あかがいちばん』を持ってきた。チビのこだわりが本当に色に理由があるのかは分からない。でもこの間、この絵本を玄関に持っていって赤い靴と比べていたから、どことなく同じ「赤」のお話だと認識したかもしれない。



最近、座っているときは足を前に投げ出していることが多くなった気がするけれど、それでもまだ崩した正座は定番ポーズ。





It suddenly got really warmer in the last few days so I put her a T-shirt instead of a sweat shirt.  She looks so tiny without the plump clothes.   



Drawing with a stick in a park.  
後ろめたさを感じながら散歩に出かけているんだから、ちゃんと運動して欲しいと思うのに、なぜか座り込んでひたすら線を描くのが大好き。

23 April 2020

3月、4月のスケッチなど

このご時世に仕事がいっぱいあって、どちらにしろ出歩いて遊んでいる余裕がないのは、とてもありがたいことだと思う。でも4月に入ったらチビを一時保育に入れられるからきっと仕事が進むと思っていたのに登園自粛することになり、何一つ終わらないし、何一つ出来ていない感じがした4月前半だった。

ちょっと先が見えたものも出て来たので、ようやくチビのスケッチに少し色を付け、スキャンしてアップすることにする。スケッチブックを見返しても、4月前半の絵は一つもない。描きたいシーン、いっぱいあるのになー。



昨年から何両かの列車はおもちゃ箱に入れていたのにあまり興味を示していなかった。でも、小さい頃わたしが大好きだった、谷内こうたの『なつのあさ』をお正月に母が持って来てくれて以来、絵本に出てくるのと「同じ」列車というので興味を持ちはじめた。
子育てサポートからのベビーシッターさんと遊んでもらうために、ちょっと早いかと思いつつも大量のレールを投入したら、いつの間にかそれなりに遊べるようになった。
These days, she loves the wooden train toy.  She's got two box full of them, which were half mine and half my cousins'.  She can join some rails. 



「じーじーじー(字の意)」と床に落ちた紙を見つけると描いている。
チビと一緒に開封して読んだ『さくらがさくと』の重版のお知らせも、目を離した隙に緑と紫の線だらけになってしまった。
My friend gave her a set of crayon made of vegetables last year for her half birthday.  She put them straight into her mouth back then so I had to hide them for some time.  But now she can draw very nice lines. 



In front of her new beautiful bookshelf.  
ご飯を食べていて、「ほらカブだよ。小さなカブ。うんとこしょ、どっこいしょ」などというと、『おおきなかぶ』を確認しに行かずにはいられない。それなのに、絵本がぐちゃぐちゃに積み上げられていて、肝心の本が見つからなかったり、自分で取り出せなかったりしていたので、ついつい奮発して子ども用本棚を買ってしまった。



We went to a secret place near my place to enjoy the Sakura blossom back in the end of March.  I wanted to draw her in front of Sakura trees but I didn't manage to draw neither her nor Sakura nicely.  And she turned out pretty big compared to the tree, which then reminded me of Henri Rousseau's "To Celebrate the Babay." 



アミガサタケを見つけた、と夫に言ったら、なんで採って来なかったの!と怒られてしまった。一本しかなかったしなあ。



新型コロナを蔓延させないために、どの程度の自粛が、どのくらい続くのか皆目検討がつかない中で、今どのくらい外出自粛すべきなのかの判断が難しい。
2週間だけなら、外の世界を見ず、ほとんど歩かず、毎日家の中で遊んでも良いかもしれない。でも半年や一年になるとなったら、この子は長距離を歩けるようにもならず、犬も猫も絵本の中の存在で、他の子と遊ぶことも知らずに赤ちゃんから子どもになってしまうのだろうか、と不安になる。

今は、ちょうど歩く練習の真っ最中なので散歩には出るようにしている。家の中だと動ける範囲は数歩だから。車やバイクが通るとおびえて動けないので、川や公園などみんなの散歩コース的なところに行かざるをえなくて、悩ましい。
このウイルスで、こうした何の生産性も無さそうな公園や川、空き地の重要さに、多くの人が気付いてくれたらいいけどなあ。



クーベルチップに行くついでに、現地では鉛筆スケッチだけしてきた、弘明寺の大岡川沿いの桜。
こんな時期ながら、『さくらがさくと』の原画は、弘明寺の子どもの本& クーベルチップでも、西宮のギャラリーアライの「花咲く頃展」でも展示させていただき、無事に終了した。見にいらしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。





家から見える梨園で、おじさんが花真っ盛りの木を切っていた。なんでも、うちが住んでいるマンションのせいで日当りが悪くなって、生育が悪くなってしまったのだとか。家の周りに梨園があることが気に入っているわたしにとってはショックな事実だった。
ひと枝いただいてきたので、絵を描いた。本物を見ながら、直接絵の具で描けるのはうれしい。



ハルリンドウだと信じていたら、フデリンドウだった!

3 April 2020

地域の自然を守るタオル・沖縄

There are now new series of the "towels to help the protection of local nature" for Okinawa.
わたしが刺繍のデザインをさせていただいている太平電機株式会社の「地域の自然を守るタオル」に沖縄のラインナップが追加された。



Okinawa Woodpecker (left) and Okinawa Rail (right).
ヤンバルクイナは国頭村観光協会ですでに販売が開始されており、ノグチゲラは来週あたりから。沖縄本島のやんばる地区での販売箇所はこれから増える予定だという。



すでに7種類デザインしていたので、そろそろやり方も見えてきて簡単にできるかと思いきや、やはりその種類ごとにうまく表せない形や色、模様などがあり、未だに毎回とても苦労する。でもヤンバルクイナもノグチゲラも、2016年の9月にやんばるを旅して、自分でよく観察できた種だったので、デザインできるのは楽しかった。



ちょうど旅行などとてもできない世の中になってしまったところではあるけれど、このタオルシリーズは4月から、JALグループの日本エアコミューター(JAC)の機内での販売もはじまった。奄美や屋久島と鹿児島や福岡などを結ぶ路線に乗る機会がある方は気にしていただけたらうれしいです。

29 March 2020

雪!

Cherry trees are blooming and swallows are flying but it snowed today. 
It was our first proper snow this winter.
I feel that the world is changing, the virus and climate...




雪が降ったので、今日は仕事はやめ!