19 July 2019

ハリエットの絵本ワークショップ

ボローニャ展に合わせて開催された板橋区立美術館のハリエットの絵本ワークショップに参加した。
10時から16時という一日だけのワークショップ。午前中にZINE(個人的な雑誌)を、午後に12ページの絵本を作るというハードスケジュールだった!
最近は長時間続けて作業できることなどまずなくて、一度の作業時間は20分、長くても2時間だったので、朝から夕方まで次から次へと何かを描くというのはとても疲れた。
I joined Harriet van Reek's one-day workshop held at Itabashi Museum on Monday.



We drew ourselves while doing the most uncomfortable posture.



We drew ourselves while dancing!
We had to do something out of our comfort zone.

次から次へと小課題を出された午前が終わり、お昼の小休止の後にすぐ、絵本づくりがはじまった。
自分の身に起きた嬉しかったこと、悲しかったことをそれぞれお話として書く。嬉しい話はクラス中でシャッフルし、当たったお話と自分の悲しい話を使える部分だけ好きに切り貼りして、見開き4枚のお話を作るという課題だった。

わたしが当たったお話は、同じく今年の入選者で、まだ小さい娘さんの子育て真っ最中の工藤あゆみさんのものだったので、とても親近感を感じて描くことができた。

ただし、4見開きを考えて描くのに与えられた時間はたったの2時間!
ストーリーボードなんて考えちゃだめ。とにかく思いついたままに、下書きもせずにどんどん描くの!とハリエットに言われて、作ったのがこれだ。



朝、目が覚める。
横に寝ているキミを見つめる。



昨日と一昨日のものが散らばったまま。
昨日と、一昨日と、その前の洗濯物が溜まっている。
昨日と一昨日と一週間前の仕事が、やり残したまま。



きみにそっとキスをする。



キミが起きる。
昨日と一昨日に散らばったものでキミが遊ぶ。
また新しい一日がはじまる。

It was a much needed exercise for me, who has been working on the final images of a new picture book for too long.  For books, I make detailed drawings and colour roughs and discuss over them a lot with my editor. The process will make sure that the images match the story well and have better composition or colour scheme. But sometimes, freshness gets lost in the long process.

"Don't think!"
"Just do!," Harriet said to us so many times.  
 

It sometimes important to make a picture that way. The outcome may not be perfect but will have more energy to tell something.

18日には、子どもの本&クーベルチップ主催で、横浜市南図書館で行われたハリエットの講演会「オランダ絵本の魅力」も聞きに行ってきた。『レナレナ』をはじめとした著書がどのように出来上がったかを聞くことができておもしろかった。
ハリエットの絵本はとにかく奇妙だ。さらっと読んだら、なんじゃこりゃ、となって終わりそう。でもそんなこともあり得そうだとか、似たようなことを感じたことがあるな、と思わせるのは、それぞれのお話が、ハリエット自身の日常の経験をちょっと特殊な形で綴ったものだからなのだと分かった。
わたしが好きなのは、レナレナが雨茶を飲むお話と、ボッケとリーが森でパンケーキを見つけるお話。

9 July 2019

お座りとつかまり立ち

I was doing some household chores, when I noticed that my little one was very quiet.  It's the sign that she is up to something!  



For the last two months, I couldn't draw her as much as I wanted.  It was because I was busy with works and also that she came to disturb me every time I held a sketchbook and a pencil.  
So when I saw her upsetting a bag of paper waste, I thought, I would take this chance and draw her and let her play as much as she want. 
From these three drawings, you can see how long she was enjoying them!    




スケッチできるのは、唯一チビがいたずらに夢中なときだけ。だから危なくない限りは、怒らないことに決めた! スケッチできれば満足しているので、後のちょっと大変な片付けも、あんまり気にならない。



相変わらず何よりも頭が痛いのは離乳食で、かなり硬いものまで自分で食べてしまうのだが量を食べない。
ご飯は大嫌い!「メンメンメンメン!(日本語訳「嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ」の意らしい)
好きなのは、大根とトマトとブルーベリー?! 



She now pulls herself up to stand!
もうすでに片手で支えるだけでも、壁のように平な面を支えにしても立てる。でも、こちらはどうもヒヤヒヤしてしまって、悠長に絵を描いていられない。







このときも、気付いたときには、網戸にへばりついて、鼻をこすりつけ、舐めていた。
まあいっか。
何か新しいものがあると、とりあえず振ってみて、それから舐めてみる。
床に落ちている糸くずや髪の毛やビニールゴミなどをめざとく見つけては食べているようで、ウンチから検出されたことも。ちゃんと出てくれば良いけれど、海鳥のようにプラスチックゴミがお腹に溜まってしまっていたら怖いなあ。



最近、バイバイを覚えた!

7 July 2019

ボローニャ展とビアンキ氏の講演会

ようやく板橋区立美術館の2019イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に行ってきた。改修工事をして新しくなった美術館は、外側の大きさは変わらないはずなのにあちこち広くなった感じがした。



I finally visited the Bologna Illustrators Exhibition at Itabashi Museun in Tokyo. My bulbuls were proudly flying in the middle big room. 



わたしのヒヨドリたちは展示室の入口からも見える真ん中の部屋に飾られていた!
本来、撮影禁止だが、美術館スタッフにお願いして、入選者特権で数枚だけ撮らせていただいた。



It is wonderful to be able to see the Bologna exhibition in my own country. And the nice things about this exhibition is that they display all five images of the each selected works and the actual books published out of the works if they exist.


Photo by Mayumi Oono.  

こちらは内覧会に参加された2017年の入選者、オオノマユミさんが送ってくださった写真。わたしの絵本と絵が美術館に飾られたという、とても良い記念写真を本当にありがとうございます。

会場では森泉文美さんが制作された今年のブックフェアについてのビデオも流れている。 今年、フェアに行って、海外の出版社から出された日本がテーマの絵本が目に付くなあと思ったのだが、森泉さんは既にこのビデオ制作でそのテーマを掘り下げてあちこち取材されていて、さすがだと思った。 日本文化は人気なのに、日本で作られた絵本が翻訳されているのではなく、外国人の手によって作られたものばかりがある様子。だからどれもカリフォルニア・ロールなのだ。日本の出版社の海外への売り込みが足りないのか、外国人にはやっぱり本場日本のお寿司よりカリフォルニア・ロールのほうが好まれるのか、気になるところ。そういえばフェア会場にお寿司のお弁当を売る屋台も出ていた。



I also attended the talk by Diego Bianki, one of the juries of this Year's exhibition. He works not only as an illustrator but also as a publisher and his works include not only making books but also many art projects that connect books and people. It really was inspiring! 
今年の審査員の一人、ディエゴ・ビアンキ氏の講演会も聞いてきた。 審査についてのインタビューで、SNSの発達により、トレンドや流行が世界規模で即座に広がり、「多くのイラストレーターたちがみな似たような描き方をするということが起きている」と書かれていたのが印象的で、どんな方なのだろうと思っていたのでお話を聞けてとても良かった。 
ビアンキ氏は本という枠に囚われずに、そこから派生して様々なプロジェクトをされていた。 例えば、本は木を伐採して作るものだから、逆に本から木を植えることを考えたいと始まったプロジェクト。木の種を漉き込んだ紙を使って本を作り、読み終わった後に土に植えれば木が生える本を制作されたのだ。
他にもブックフェアの会場前の広場に、イラストレーター、作家、編集者、紙職人や印刷をする人を集め、本の制作過程を一般の人に見せるアートプロジェクトをしたりと、本と読者をつなげるアイディアがたくさんあった。

午前中には、絶対に見に行きたいと思っていた、ちひろ美術館のショーン・タン展にも行き、長い移動時間には、チビが言葉を喋り出す前には読みたいと思っていた『ちいさい言語学者の冒険』も無事に読破して、久しぶりに遊びまくった一日だった。
こうやって出かけて帰ってくると、チビが特別にかわいく見える!
「毎週末が、何もしないうちに溶けて行く〜」と言いながらも、またチビの面倒見を引き受けてくれた夫に感謝だ。

24 June 2019

アゲハの卵

The eggs of the Asian Swallowtail had hatched safely on the 12th of June, six days after they were laid.   
6月12日の朝、卵の透明度が減って、中が黒っぽく、詰まったような感じになった。
10:10にふと見たら、既に1匹孵っていた。
孵化の瞬間を見たかったのだが、なかなかそこに張り付いてもいられず、チビとお昼ご飯にしている間に残り3つも幼虫になっていた。
孵化後、数時間はじっと動かず、しばらくして卵の殻を食べた。

2匹は実家から持ってきたサンショウの葉に移動してもらい、レモンにはとりあえず2匹を置いておくことに。と思っていたら、1匹は上手く育たなかったので、ちょうど良く、レモンに1匹、サンショウに2匹になった。



We decided that two of them had to move to Japanese pepper leaves, which is also one of the plants that they eat.
さっそくレモンの葉には、切符を切ったあとがあちこちに。



サンショウの葉にうつした幼虫を見ていて気付いたのは、羽状複葉の先端側の小葉に食べ後があるのだが、いるのは決まって少し付け根側の小葉の上だということ。どうやら休憩場所と食堂は異なるらしい。食べられた葉を見て鳥が虫を探すという話もあるようなので、補食を避けるためだろうか?
今日、改めてレモンの子とサンショウの子を見比べてみたら、レモンの子のほうが大きい気がした。



近くの公園でネジバナが咲いた。

次の絵本づくりに必死で、なかなか生き物観察もスケッチもできていない。
何しろ、仕事時間と遊びの時間を全部費やさなくては、絵本一冊という大きなプロジェクトは終わらない。ちょっとくらい昼寝もしたいし、1日に一度くらい外も歩きたいけれど、つい必死で制作してしまう。

「何も今年やらなくたって良いんでしょ。いつか作ればいいじゃない」という声が聞こえてくる。

絵本作りの苦しいところは、どうも正真正銘の「仕事」ではなくて、「遊びの活動」っぽいところだ。出版されてはじめて、それまでやってきた制作は「仕事」だったことになるが、出版されなければ「遊び」だったことになるからだ。

アイディアを練っているときは、出版してもらえるかなど、もちろん誰にもわからない。
それでも欧米の場合は、出版社に企画が通れば、その時点で契約も交わし、お金も一部もらえるが、日本の場合は契約ですら原画ができ上がってから。お金にいたっては、出版されてから。
 制作中は、作者は常に宙ぶらりんで、自分でやる気になって、自分でちゃんと進めなければ、絵本は出版できないのではないかと思う。
たとえ途中まで進んでいても、正式には何にも取り決めしていないのだから、嫌になったら数年間放っておくことも、完全にやめてしまうこともできるのかもしれない。
でも一方で、一度投げ出したら、その「いつか」は来ないかもしれない。何しろ、何にも保証されていないのだから。しかもズルズル制作している間は、一銭もお金を稼がないヤツになってしまう。

「余裕ができたら」というけれど、一体、いつになったら余裕ができるの? その時に、のうのうと絵本を制作していられるくらいの貯金はあるの? などとと思うと、結局は今、できることはやらなくては、と一人ブラック企業をしてしまう。

21 June 2019

ワイバード通信2019年秋冬号

The latest brochure of Ybird travel agency came out. 
My linocut and monoprint image for this issue's cover is Pied Harriers, gathering to roost.  It's a stunning scene we can observe in Chiang Lai province in North Thailand.  



ワイバード通信ができあがった。今回は、タイ北部で見られるマダラチュウヒのねぐら入りシーンが表紙だ。夕方、暗くなる頃、マダラチュウヒが次から次へと飛んできて、この草地に一時集合する。見る見るうちに辺りはチュウヒだらけになる。
ただ、どんどん暗くなるので、写真に撮るのは難しいシーンでもあるようだ。だからこそ、絵にしてみたいとずっと思っていた。

15 June 2019

2019 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

6月29日(土)から板橋区立美術館でボローニャ展がはじまる。
そう、わたしの『きょうは たびびより』のヒヨドリたちも飾られる!
Bologna Illustrators Exhibition will come to Tokyo in the end of June and go on tour from there. 
One of the best things about living in Japan, especially near Tokyo, is that we get to see variety of special exhibitions.  Bologna Exhibition doesn't go to any of European countries or anywhere in the US but four different cities in Japan and South Korea and China.
Biennial of Illustration Bratislava always come to Japan and this year, we have Shaun Tan's exhibition in Tokyo, too.

It will be a busy summer visiting exhibitions on children's books.  



会場ではボローニャ展のコーディネーター、森泉文美さんがブックフェア会場で撮影されたビデオも放映される。ヒヨドリの消しゴムはんこなども撮影した、わたしのインタビューも収録されているはずだ。

◇◆◇ 2019 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 ◇◆◇
日時:2019年6月29日(土)〜8月12日(月・祝) 9:30-17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜日休館。ただし祝日の場合は翌火曜日が休館
場所:板橋区立美術館 
アクセス:都営三田線「西高島平」駅から徒歩13分
     東武東上線「成増」駅北口2番のりばから「区立美術館経由 高島平操車場」行きバスにて「区立美術館」下車



入選者は絵本やグッズを販売できるというので、わたしもいくつか商品を置かせていただくことにした。出版後3年間の在庫期間が切れて、他ではもう買えなくなった『アオサギのさかなとり』や、「地域の自然を守るタオル」などだ。

ついでに宣伝。


絵本『じょやのかね』が、JBBY(日本国際児童図書評議会)が選ぶ海外にも紹介したい子どもの本を集めた冊子『おすすめ! 日本の子どもの本』の2019年度版に載りました。

7 June 2019

レモンとアゲハ

春からベランダで鉢植えのレモンの木を育てている。リスボンレモンと日向夏を交配させて作られた璃の香という品種だ。
We now have a lemon tree in our balcony. It is a special variety called Rinoka.



It first bloomed on the 4th May and now has its last blossom.  



白い花を水彩で描くのは何とも難しい!

何かを飼うのも育てるのも苦手なのだが、たくさん花をつけ、実になりそうな部分もあり、割と順調に行っている。
と思ってたら、昨日、大事件が!



Yesterday, I saw an Asian Swallowtail came to lay her eggs! 
It's fascinating that she found this little tree.
I want to see the Swallowtail grow but I want the lemon tree to be in good condition.  What should I do?    





ナミアゲハがやってきて、卵を産んでいるのを目撃してしまったのだ!
こんなベランダにある小さなレモンの木を、よくもめざとく見つけるものだ。
飛び去った後によく見てみたら、少なくとも4つは卵が見つかった。
調べてみると5日から7日ほどで孵化するらしい。

さてどうするか、悩みどころ。

13 May 2019

チビ、動き出す

今日は守備良くチビが早く寝たのに、わたしもあまりに眠くて仕事をする気にならなかったので、ブログをアップすることに。 
My little one finally started to move about.  It's amazing to see how she becomes able to do many things!  




She loves looking at and touching picture books these days.  I couldn't help but making a rubber stamp image of her. I printed it on a very thin, transparent Japanese paper and inserted some colour paper underneath.
The book she is reading is an actually existing book—"Wild! Mealtime" by my coursemate, Courtney Dicmas! 




チビが寝ている間に彫り、先日ベビーシッター付きプリンティングルーム(=実家)で摺ってきた。

最近チビは、好きなものは好き、嫌いなものは嫌い!  意思がはっきりしているのは良いことなのかもしれないが、離乳食が大変だ。ご飯は嫌い。スプーンも嫌い。スプーンにのったご飯なんか、絶対に食べない! 苦肉の策でパンにご飯をのせてみたら、パンかじりたさに案外喜んで食べたり。試行錯誤の毎日だ。



7ヶ月になりようやく仰向けからの寝返りができるようになったチビだったが、気付けばうつ伏せで過ごす時間のほうがよほど長くなった。出産祝いにいただいたおもちゃが大活躍。



She is very curious about the world above the table and desk. She wants to touch everything that she is not allowed to do so. She noticed that a string was hanging out from a cabinet and tried so hard to reach it.
After some minutes of struggling, she got it! It was her hut that my mum made for her using the fabric I made with my design. She loves to touch it but hates to wear it!



チビがほふく前進でやってくる!



These days, I find it very difficult to draw her. Because she is so interested in my sketchbook that the minute she finds me drawing, she comes to me...and grabs my sketchbook and chews on it.



何やらご機嫌にしていると思ったら、マットレスのカバーの穴をめざとく見つけ、そこに指を突っ込んでグリグリしていた。熱中できるものがあれば一人でも遊べる。



巻き尺も大好き。 



寝ている時間は貴重な仕事時間なので、寝ている姿はなかなか描けないのだが、この間あまりに可愛くて、ついスケッチしてしまった。

5 May 2019

久しぶりの海鳥

On the 29th April, I joined the seabird research from a fishing boat at Sagami Bay.  We really had a great day watching many birds and a large pod of Risso's dolphins.   
三鳥連の相模湾船上調査に参加させていただいた。去年の春は妊娠していて、さすがに船に乗る気にはならなかったので、久しぶりの海だった。



Japanese Murrelet is the main target of the research.  Before we got on board, we were informed that the number of the murrelet seems very low.  They didn't see many during the research in early April and there were not many observed from the Jogashima island this season. 
But
we actually saw loads of them! In fact the number we recorded was a lot more than the highest number in the past, which was the March 2015. 
The murrelets were found along the ocean front and we counted at least 90 of them.  The total record we saw was 140 but that includes the possibility of counting the same birds twice.  




潮目に沿ってカンムリウミスズメが2羽、4羽、6羽と次々と見つかり、なんと過去最大数を記録した。



飛んでいるところを描くのは難しい! 頭を後ろから見ると、白の部分がV字に見える。



双眼鏡とスケッチブックを片手で押さえながら描くのは難しい。描きやすい右上のコーナーばかりを使ってしまうので、スケッチブックをくるくる回して、いろんな向きから描いてしまう。だから船上調査でのスケッチは、絵の方向がめちゃくちゃになる。



Black-footed Albatross.  
ウミスズメ類に目を凝らし続け、大きい鳥はオオミズナギドリと思っていたところに、クロアシアホウドリが浮かんでいるのを見ると、シギチやカモを見ていていきなりハクチョウが現れたようなサイズ感。やっぱりアホウドリ類はデカイ。



Black-footed Albatross in flight.  Its wingspan is massive! 



浮いている個体をじっくりみたのは初めてだった。
首が太い。そして目の位置が独特で、頭から首にかけてを捉えるのに苦労した。



I tried to capture their wings when they were flapping.  Being enormous, they need quite a long distance to run to get themselves in the air.   



A Short-tailed Shearwater.  



Red Phalarope in summer plumage.
ハイイロヒレアシシギのきれいな雌。同時に見たのは1羽だったのだけれど、同じページに何度も描いてしまうので、スケッチブック上では2羽になる不思議。



Ancient Murrelets.  
あまり上手く描けなかったけれど、ウミスズメもけっこう見られた。カンムリに比べて頭のあたりが丸くっこく見える。



ハナゴンドウ
相模湾で鯨類を見たのも初めてだった気がする。
At one point, we were surrounded by a large pod of Risso's dolphins!  Some had very white or even pinkish dorsal fin.  



シロエリオオハム、夏羽のきれいな個体が近くを飛んだ。
あの独特の飛翔形、目には焼きつけたつもりなのに、紙に落とそうと思うとうまくいかない。

海上でツバメチドリの死体も拾った。くちばしのオレンジ色が鮮やかだった。独特の足の爪なども見せてもらった。翼や骨は標本になるそうだ。

久しぶりの船でちょっと酔い気味で、島影や船など環境をスケッチし損ねてしまったけれど、スケッチブックを見返したらずいぶんなページ数を使っていた。すぐ隣にありながら、ぜんぜん知らない海の世界はおもしろい。