20 March 2017

3月の休日

先週の日曜日は休日にした。遠くまで来た気分に浸ろうと、久里浜からフェリーで金谷へ。鋸山に登ってみた。



海が見える展望台から、武山、久里浜をのぞむ。コーヒーを片手にスケッチ。
View of Kanagawa prefecture from the other side of Tokyo Bay. We crossed the Tokyo Bay by a ferry and climbed Mt. Nokogiri in Chiba.  It was a quick day trip but I felt that I came very far away, quite detached from reality. 



All the way on the ferry, kites and gulls followed us, waiting to be fed by passengers.  It was a great opportunity to sketch them!



餌をやる人がいるからか、ウミネコやトビ、ユリカモメがずっとフェリーについてきて、目の前を飛び回ってくれたので、不得意な飛びものスケッチを練習。
いつか久里浜から東京湾フェリーを往復して、飛ぶカモメ類を描くというフィールドスケッチ会をやったらいいかもしれない。





背中にハートを背負ったエサキモンキツノカメムシ。

鋸山では、ミヤマシキミ類が目についた。ウチダシミヤマシキミの葉は、模様をエンボスしたみたいだ。ローラーでインクを付けて押せば模様がきれいに摺れるのでは、と話していたのに、葉を取って来そこねてしまった。

夕方にマヒワ50羽の群れを見た! 今年始めてウグイスのさえずりも聞いた。どうも家のまわりには、ウグイスがいなくなってしまったようで、今年は未だに声を聞いていないのだ。

15 March 2017

BIRDER新連載

雑誌バーダーの4月号から新連載をはじめる。
今回はカラーページの仲間入り! 45ページ目の『English for Birding』だ。
I started a new series of articles called "English for Birding" for the BIRDER magazine.  



英語の勉強というと、それが趣味で目的とばかりにお金と時間をかけてがむしゃらにやる人と、苦手だから触れもしないほど避ける人とに、2極化するような気がしている。
でも語学は、数学やパソコン技術と同じように、何かをやるための道具のようなものだ。鳥見という目的のためなら、英語の勉強も取っ付きやすい。

わたしも中学1年のときに、はじめてタイで現地のバードウォッチングツアーに参加し、見た鳥の名前が知りたい、みんなが見ている鳥がどこにいるのか知りたい一心で、一言、二言ずつ英語やタイ語をしゃべるようになった。黄色い鳥、頭・黒などと言うだけでも、これまで"ガイジン"だと思っていた人たちと意思疎通ができるようになり、いつの間にかその人たちは、"友達"になっていた。



E for English and eider and elder and eyebright and eel.  
I was very happy to find out what eyebright is.  I was familiar with that name from Poppy Eyebright in Brambly Hedge but I had no idea what it meant!

英語を学ぶ連載、これによって、一番、英語の勉強をさせられるのは、きっとわたしだろうなあ。

7 March 2017

Sunset and Mt. Fuji

The season seems to be changing, leaving me behind, inside the house.
I need to feel the fresh air sometimes, even at the busiest time.


自然を描くのを仕事にすると、ジレンマを抱える。どれだけフィールドに出たかは、アイディアの質や量、本物を見たという知識や自信につながる。どれだけ家に籠って画材や技法の実験をし、丁寧に完成物を作ったかは、制作物の出来の良さにつながる。完成した絵を見ると、どっちが足りないか、一発でバレてしまう。だからフィールドワークとスタジオワークのバランスが崩れると、なんとなく落ち着かない。



夕焼けとウの島。
ふきのとうとチーズのフキボナーラは幸せの味だった。



一昨日と昨日と今日の区別がつかないほど、毎日同じような作業をし続けて、一日が過ぎていく。今日は太陽が宝永山に沈んだ。ダイヤモンド富士まであと数日。

19 February 2017

2月の休日

A visitor from Nagano got me out of the house. It was nice to be out in the field, watching birds, listening to the sea and feeling sunshine.



飛んでいるオオハムと思われるアビ類を何度も見かけた日だった。春一番の風の効果だろうか。そして浮いている4羽もよく観察。お腹を掻きつづけている個体がいたので、その動きを捉えようと苦心した。



Slavonian Grebe.  We actually watched three other grebes in the area, the Great-crested, the Black-necked and the Red-necked and that left only the Little Grebe to complete all five grebes that can be seen in Japan.  Although it's a common bird, unfortunately, we did not find the little one this time. 



Wryneck!
一番よく観察できたのがこの鳥だったといううれしい日。



何しろスコープでのぞいている間中、この通り、同じポーズ。そして、ピンクの長い舌を出した! パーティ用クラッカーのリボンが飛び出た感じ。
ようやく読破した『野外鳥類学を楽しむ』の20章によれば、アリスイは頭蓋骨に対しての舌の長さが世界一としてギネスブックに登録されているとか。




この冬はアトリの当たり年だと聞いていたのだが、家からまったく出ていないせいで、身を持って知ることができずにいたのでとてもうれしかった。
『鳥のおもしろ私生活』の太鼓を叩いて「大あとり」という絵が未だに頭にぱっと浮かぶ。



Woodcocks came out in the late evening.  It was very interesting to watch their feeding behavior.  They seemed to just poke their beak randomly into the ground without looking and then find the prey by the sense of touch. 
Poke! Let's see... is there anything good?   



Rustic Bunting
少し前に見た絶滅危惧種。

I felt very tired after being exposed in the wind and the sun...I must have turned into a resident of the realm of Underground or even the realm of Bism under it. I am glad to be reminded that the sun still exists in this world before I forget it!

16 February 2017

英吉利流連載を終えて

雑誌BIRDERの3月号が家に届いた。わたしの連載 『Tingの英吉利流バードウォッチング見てある記』の最終回が載っている。3年間の留学の"鳥見"という部分をこうしてまとめられたのはうれしい。
I have finished writing the series of 24 articles about British birders and birdwatching on BIRDER magazine.  Since I learned so much from my experiences of birding in the UK during my three-year stay, I started this series to share them with Japanese birders.  
W
riting articles turned out to be more of a great opportunity for me to study further on many aspects, from British culture to environmental organisations to laws.  It really became a good sum up to the days I spent in the lovely country.  
I want to say big thank you to all my birder friends who took me around to almost everywhere in the country, and to all who answered my various questions for this articles.  



鳥とは全く関係のない絵本作りを学びに留学したはずなのだが、気付けば毎週末のように鳥見に出かけ、イギリスの野鳥の会と言えるRSPBのケンブリッジ支部に入会し、レポートのネタを探す農工大生のように自然保護区の作りや運営に興味をそそられていた。
とても簡単に鳥見の世界に入れ、自然保護を勉強できる環境だったのだと思う。

イギリスは世界に先駆けて自然を破壊していただけに、自然保護を始めたのも、失ったものを取り戻す政策を始めたのも早い国。これは学びたい、すごい、と思うことが多々あった。そして、一般の人たちの野鳥や自然に対する関心の高さにも、文学や絵画、居住空間、休暇の過ごし方などといった文化や生活の中にバードウォッチングが入り込んでいるところにも、とても驚いた。



2年間の24回分を記念に並べてみた。
一つのトピックに1ページというのは字数が足りず、全体的に削りに削った生真面目な記事になってしまった。でも、書いたおかげで頭の中が整理され、いろいろ勉強できた連載だった。

4月号からは新連載をはじめるので、ぜひそちらもよろしくお願いします!

11 February 2017

Sunset and Sunrise

The memorable, special moments during trips are quite often at dawn and dusk. And it made me think that it's a pity that I only enjoy them during my travels.  I should make more efforts to be up and out and about to see the sun comes and goes on normal days, too as it happens everyday. 



One great scene we had during the Thai trip was harriers' roosting.  Dozens of harries, not swallows or starlings or egrets but raptors, gather in one view in darkening sky was really spectacular.
Someday, I will come back again with my proper sketchbook and watercolour paint to capture the whole scenery, I promised myself there.  




The last day of the Thai trip started at Mae Nam Khong.
When we went down at 6:15, everything was in dim light.  I could just about make out the shape of the mountain.  As we started our breakfast, it became brighter and brighter, minute by minute and the mist spread out.   And at 7:00, the sun rose, spreading its reflection on the river surface.




いつもドライバーさんが見つけてくれるオオスズメフクロウ。



遠かったけれど、2羽で梢に止まるクロカッコウハヤブサが見られた。冠羽がピンと立っていてカッコいい。



雄のカワビタキがずっと河原でわたしたちを楽しませてくれた。

5 February 2017

Doi Angkhan and Doi Lang

タイの山中では、多種多数の鳥がひと時に通過して行くバードウェーブに2度も出会えた。あまりにたくさんの鳥が一度に出てしまうので、一種一種をしっかり見るわけにはいかないし、忙しすぎて写真もスケッチも残らないけれど、「いっぱい見た」という満足感は、何にも代え難い。



マユヒタキ(Ultramarine Flycatcher)
少し前まで、タイで出会うバードウォッチャーは圧倒的にヨーロッパとオーストラリアの人が多かったように思うのだが、最近はタイ人やアジア各国の人も増えて来た。アジア人は、得てして鳥を見ること以上に写真を撮りたい人が多い気がするのだが、なんでなのだろう。
「見た」という記録を残し他人とシェアしたいとき、西洋人は文章を書く人が多い印象がある。イギリスの探鳥会の記録も、出現した鳥をリスト化するのではなく、ハイライトとなる鳥の名を出来る限り入れてその日の出来事を作文したものになっていて驚いたのを覚えている。ネイチャーライティングが発達したお国柄だからだろうか。
きっと、バードウェーブの雰囲気を手元に残したいと思ったら、文章に残すのが一番良いに違いない。



I was really happy to have a good view of Silver-eared Mesias.
ゴシキソウシチョウ
My Thai birding friend once told me that I looked like Mesia.  I imagined this Silver-eared Mesia, which was always calling me with its characteristic song but never showed me its colourful feature, hiding in the bush.  
Why do I look like it?  I don't dress colourful, I do not have a black cap!
It turned out that she was talking about an actress from Hong Kong, Michelle Yim, who is called Mesiah in Thai. 
I still wonder though, do I look like her?  At least, she and I are more alike than Silver-eared one and I.  



Black-throated Sunbird was hovering at the Mexican bush sage flower bed . With the afternoon sun, the feather shone brighter than shown in the guidebook.



ノドグロヒタキ(Rufous-gorgeted Flycatcher)



Line drawing of Red-whiskered Bulbul. 



シロボウシカワビタキ(Riverchat)
いろんなポーズを見せてくれた。



ロクショウヒタキ(Verditer Flycatcher)
Looking at this bird, I was imagining how to create this colour with my five primary colour inks for printmaking.



カンムリカヤノボリ(Crested Finchbill)
I am rather pleased with this sketch!

2 February 2017

1月のタイ

Since last autumn, I was stuck at home all day, all week, all month, drawing birds and carving and printing linos. I came out of the house for about the fifth time this year on the 25th January...and flew to Thailand! I had another job to lead a birding tour. My hands definitely enjoyed this break the most.  
ツアー添乗の仕事で、タイ北部へ。





シロボシオオゴシキドリ
Lineated Barbet was kindly sitting there for a long time for all of us to enjoy watching and taking photos.



ハイガシラモズ(Burmise Shrike)
先日、電線に止まる鳥を描こうとして、鳥の大きさに対して電線がどのくらいの太さなのかをしばし悩んだ。普段、電線だけを見ているときは、人間の大きさの感覚で「細いもの」と認識している。そこに止まった鳥を見ているときは、電線の存在は頭から完全に抜け落ちている。でもこうしてよく観察すると、鳥に対して案外太い。そうじゃなかったら、そもそも止まれないか。



チャバネサシバ(Rufous-winged Buzzard)



キバラタイヨウチョウの細長い垂れ下がった巣を見つけた。どうやら雌が中にいるようで、雄がやって来てはホバリングして餌をやっていた。こんなに細くて華奢に見える巣に、一羽が中に入り、もう一羽が外側に止まっても、大丈夫だとは、やっぱり鳥は軽いんだなあ。



Black-winged Kite(カタグロトビ)

21 January 2017

ワイバード通信2017年春夏号

Latest brochure for the YBIRD agency is out now.  The cover image is the Japanese endemic species, Izu Thrush from Miyake Island.  



新しいワイバード通信が刷り上がってきた。今回は昨年3月の三宅島旅でのイメージからアカコッコを描いた。実際に観察して、この鳥をこうやって描きたいと思ったものを描けるときはうれしい。

19 January 2017

ヒヨドリ 旅立つ

今日、ヒヨドリたちを送り出してきた。出版社に!



I had just submitted the originals for my next picture book about bulbul migration!  It will be out in early autumn from Fukuinkan Shoten.  
次作絵本はヒヨドリの渡りの話。「きょうは たびびより」として福音館書店の「ちいさなかがくのとも」の10月号になる予定だ。夏からダラダラと制作していたが、ようやく原画を完成させ、今日、無事に提出してきた。
これからデータでの手直しや文章の細かいなおし、製版の作業がはじまる。出版は9月頭の模様。



これまで版画を摺ると、机の上から棚、プリンター、床と家中のあらゆる平らな場所に原画を置いて乾かしていたのだが、ご飯や就寝の時間が来る度にそれらを移動しなければならず不便だったので、母が版画用ラックを作ってくれた。材料は全て100均というアイディアもの。



ヒヨドリ絵本の取材時に見たタヌキ。