9 July 2018

富士山の草原の鳥

Some more bird sketches from the Mt. Fuji area.



道の駅朝霧高原のイワツバメの巣。それなりの集合住宅になっていた。雛が一羽いるのだが、すでに壊れかけてしまった巣があって、スズメが何やら執拗に周りの土をつついていた。乗っ取ろうとしていたのだろうか。



House Martin's nestlings.  



コムクドリ
Chestnut-cheeked Starling.  



We heard the green pigeon and saw them flying several times during the trip.  But it was really a pleasure to watch one male perching on a conifer tree.  It was rather far away, the opposite side of a grassland, though we could see its beautiful colour very well against the green pattern of the forest background.     



周りの色といい、景色の雄大さといい、ちょっと曇った空気の中での羽根色の発色といい、こんなにきれいなアオバトを見たのは初めてだった。肉眼で見た景色と、望遠鏡の中のアオバトを頭の中で合成するから余計に良いのだけれど、絵や写真にしようと思うと、景色を優先すればアオバトが豆粒になってしまうし、アオバトを優先すると景色がただの緑になってしまうので難しい。



絵本"Magnificent Birds"のハチドリの絵を描いて以来、オダマキを見るとうれしくなってつい描いてしまう。



ホオアカ
Chestnut-eared Buntings were busy raising their chicks.  



ユウスゲ

2 comments: